自衛隊採用ガイド











自衛官の職種はサマザマで給養、医師、看護師、音楽、土木技術者、情報スペシャリスト、司法警察、パイロットなんていうのは数ある職種の一部。陸自で15種、空自で約30種、海自で約50種あり、一人ひとりが多種多様な技術を持っています。これが自衛隊は自己完結型組織と言われる所以でもあります。陸自ではコルトM4など近代兵器を装備し、高い資質を持った特殊作戦群、海自では特別警備隊といった特殊部隊が編成されており、海洋国家である我が国の独立と私たち日本国民の生命財産を保護すべく、日々困難な任務に励んでいます。


本サイトは今後、下記URLへ移転します

 http://jieitaisaiyou.com/

現在記事をうつしています。移し終えた記事のページは

自動で新URLへ移転されます。ご了承ください。



民生協力と災害派遣




自衛隊では防衛という本来の任務以外にも、数々の民生協力を行っています。

国民的行事である箱根駅伝や、オリンピックなどにおける救急医療や通信、輸送、音楽演奏など民生協力におけるその活動は多種多様です。98年の長野冬季オリンピックでは、隊員がコース整備のためスクラムを組んで急斜面の雪を踏み固めました。さらに大規模災害時における災害派遣は地方自治体の要請を受ければ、24時間いつでも可能です。

日本の国際貢献を知り税金の払いがいを知ることが出来る




平和維持活動・国際緊急援助活動といった人道援助は各国から評価されています

平和維持活動・国際緊急援助活動といった人道援助ミッションは自衛隊にとり、とても重要な任務となっています。今、自衛隊の優れた技術と人材が世界中から求められています。2011年6月1日にはアデン湾の海賊対策のためにジブチ共和国に自衛隊初となる海外基地が開設され、海上自衛隊P-3C航空部隊や、海賊逮捕のため海上自衛隊特殊部隊「特別警備隊」の隊員らが派兵されています。多くの国の平和と発展に寄与するため、自衛隊の海外派兵は今後も日本の責務として増加傾向にあります。

自衛隊は進化する-海兵隊やオスプレイ、宇宙部隊も




周辺諸国からの日本に対する威嚇因縁挑発が超えてはいけないラインを超えた

近年、周辺諸国からの日本に対する威嚇因縁が超えてはいけないラインを超えたため、陸上自衛隊に海兵隊と同種の任務を行う、約3000人規模の水陸両用部隊「水陸機動団」が編成されます。これに先立ち、すでに陸上自衛隊ではアメリカ政府から水陸両用戦闘車「AAV7」を購入しており、将来的に自衛隊の海兵となるべく、同部隊の準備部隊が派米され米軍と共に訓練を開始しています。また、部隊の迅速な展開を可能にすべく、垂直離着陸輸送機オスプレイの新規配備も決まり、同機のほか、すでに取得された水陸両用戦闘車AAV7をも搭載可能にする「新型ヘリコプター搭載護衛艦いずも」を平成27年3月に就役させています。今なお周辺諸国に不当に占領されている日本の島をどのように奪還するかが、日本の安全保障と独立にとっての今後のカギとなると目されています。さらに、インターネットの仮想空間を陸海空宇宙に次ぐ「第5の戦場」と見立て、自衛隊は「サイバー防衛隊」を2014年に新編しました。民間人のアスペルのハッカーを特別な自衛隊員として雇って、自衛隊の通信システムを防御したり、逆に敵の通信インフラをダウンさせることも任務となると目されています。また、2019年までに自衛隊では宇宙部隊を新編し、宇宙空間での脅威の監視を強めることを正式に発表しています。

トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























inserted by FC2 system