スポンサード リンク

スポンサード リンク
 


64式小銃(豊和工業)




自衛隊と警察の64式は処女だが、海保の64はバトルプルーフされている。



長らく陸自の主力部隊に制式配備された64式。現在は後方職種へ・・ 陸上自衛隊の主力部隊である普通科では、広い部隊でようやく89式小銃がいきわたり、どこの駐屯地でも2014年現在は64式を見ることが減った。とはいえ後方職種や航空自衛隊、海上自衛隊では現役。航空自衛隊の一部の64式はフォアグリップを追加で取り付けて、近接戦闘向けに改良されています。今でこそ陸自特殊作戦群では米軍の標準カービンであるM4A1やMP7、海自特警隊ではH&K HK416、さらに警察SATも使用するMP5を採用するなど、最新の銃を取りいれる動きも活発な自衛隊ですが、64式は戦後半世紀にわたって今なお現役です。警察もかつて、特殊部隊用に64式を採用しており、海上保安庁においては現在も主力小銃として配備が行われています。 銃剣を装着状態の64式7.62mm小銃を持つ隊員。 陸上自衛隊:64式7.62mm小銃 陸上自衛隊による対テロ訓練展示にて64式7.62mm小銃と小銃手。 製造メーカーは豊和工業 空・油圧機器、工作機械を製造している豊和工業は民間向けの猟銃や自衛隊の制式小銃や迫撃砲、警察SATも採用するM1500なども製造販売しています。M16の原型となったAR-18の単発オンリーモデルもライセンス生産し海外輸出していましたが、連射できるように改造されIRAに使用されたために製造中止になりました。 64式のマガジン用マガジンポーチ(中身はマガジンと同重量の錘)。 この64式小銃には普通弾のほか徹甲弾,曳光弾なども用意されています。被覆鋼弾はフルメタルジャケット弾とも呼ばれる通常弾でハーグ陸戦条約に基づき、「人体に不必要な苦痛を与えない」として各国の軍隊が使用しているものです。ホローポイント弾に比べると体内で変形しないために不必要な苦痛を与えないとされます。
幻の自動小銃―六四式小銃のすべて (光人社NF文庫)

幻の自動小銃―六四式小銃のすべて (光人社NF文庫)
4769824904 | 津野瀬 光男 | 光人社 | ¥ 620 | 2006-04

諸元 

製造国 日本
設計・製造 豊和工業
口径 7.62mm
銃身長 450mm
ライフリング 4条右転(25.4cmにつき1回転)
使用弾薬 7.62mm NATO弾
装弾数 20発(箱型弾倉)
作動方式 ガス利用衝撃式 ティルティングボルト
全長 約990mm
重量 約4300g(弾倉及び付属品を除く)
発射速度 最大約500発/分(450発/分)
銃口初速 約700m/秒(減装薬)約800m/秒(常装薬)
設計年 1957 - 1964
製造期間 1964 - 1989?
配備先 陸上自衛隊
海上自衛隊
航空自衛隊
海上保安庁
各都道府県警察(特殊部隊SAT)





スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system