スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

航空自衛隊 航空救難団




           

UH-60JヘリとU-125Aジェット機を用いて捜索救難活動を行う救助のプロ集団です。

航空自衛隊に編成されている航空救難団は、UH-60JヘリとU-125Aジェット機を用いて捜索救難活動を行う救助のプロ集団です。高い技術力と24時間の即応体制で、捜索や、災害派遣要請に基づく救急患者搬送など様々な任務を担っています。

保有装備1 U-125A


陸自と空自で配備されていたMU-2は老巧化したため、空自では後継機としてU-125Aを導入。ジェット機であり、両サイドに設けられた大型捜索窓、捜索レーダー、赤外線暗視装置などハイテク装備が満載で、MU-2より捜索能力の大幅な向上が図られています。また、援助物資投下ベイを搭載しており各種の様々な物資を投下できます。約820km/hの最大速度を活かし、遭難現場へ真っ先に到着すると、必要に応じて救命糧食などの救援物資を空中投下することで、UH-60Jヘリコプター到着まで被災者・要救助者の生存率を大幅にアップさせます。

保有装備2 UH-60J&CH-47

UH-60Jは米国の救難専用ヘリコプターHH−60Aの航空自衛隊仕様機です。大型ヘリV-107の後継として導入され、赤外線暗視装置、気象レーダーや精密な慣性航法装置を搭載しており、他のヘリコプターと比較すると、航続距離が長くなり遭難者の生存可能時間内に救助できる区域が広がり、ほぼ防空識別圏内をカバーできます。操縦席後部の側面に張り出した球面風防(バブルウインドウ)は、見張り員が捜索で使用します。ほか、機外燃料タンクの装備による捜索範囲の拡大等が主な特徴です。航空自衛隊ではUH-60Jを2008度時点で、39機取得しています。過去、航空自衛隊では黄色と白のツートンで運用されてきましたが、近年になり、実戦を意識し、低視認(ロービジ)塗装として洋上迷彩に変更されています。海上において敵航空機が上から同機を見ると海の模様に溶け込み、逆に地上の人間が下から見ると空の色に溶け込むという迷彩効果があります。さらに最近では、自衛用の5.56mm機関銃MINIMIをドアガンとして搭載するなど、本来の「コンバット・レスキュー」部隊への回帰を進めています。また、CH-47輸送用大型ヘリコプターを配備しており、飛行場のない離島のレーダーサイト等への迅速な輸送に使われる一方で、救難事案発生時には、救難活動にも参加します。

救難員(メディック)について

救難員はUH-60Jヘリコプターに乗機し、航空救難活動に従事します。救急救命士などの資格を所持しており、救助した遭難者に応急救護を行います。また、陸上自衛隊のレンジャー教育訓練を受けており、レンジャーバッジを取得しています。精神的、肉体的にハードな任務です。

レスキュー・デモンストレーション




■ 部隊概要

航空自衛隊に編成されている航空救難団は、UH-60JヘリとU-125Aジェット機を用いて捜索救難活動を行う救助のプロ集団です。高い技術力と24時間の即応体制で捜索、患者の空中輸送、災害派遣要請に基づく救急患者搬送など様々な任務を担っています。

■ 保有装備(航空機)

Uー125A




陸自と空自で配備されていたMU-2は老巧化したため、空自では後継機としてU-125Aを導入。ジェット機であり、両サイドに設けられた大型捜索窓、捜索レーダー、赤外線暗視装置などハイテク装備が満載で、MU-2より捜索能力の大幅な向上が図られています。また、援助物資投下ベイを搭載しており各種の様々な物資を投下できます。約820km/hの最大速度を活かし、遭難現場へ真っ先に到着すると、必要に応じて救命糧食などの救援物資を空中投下することで、UH-60Jヘリコプター到着まで被災者・要救助者の生存率を大幅にアップさせます。

UH-60J





丘珠駐屯地にて展示された同機種。

操縦席前面 気象レーダ 右前方より
右側面 左側面 右側面2
排気口付近 排気口付近2 右斜め後方より
キャビン内部 キャビン内部 左前方より
車輪 コックピット 捜索用バブルウインド
米国の救難専用ヘリコプターHH−60Aの航空自衛隊仕様機です。大型ヘリV-107の後継として導入され、赤外線暗視装置、気象レーダーや精密な慣性航法装置を搭載しており、他のヘリコプターと比較すると、航続距離が長くなり遭難者の生存可能時間内に救助できる区域が広がり、ほぼ防空識別圏内をカバーできます。操縦席後部の側面に張り出した球面風防(バブルウインドウ)は、見張り員が捜索で使用します。ほか、機外燃料タンクの装備による捜索範囲の拡大等が主な特徴です。航空自衛隊ではUH-60Jを2008度時点で39機取得しています。過去、航空自衛隊では黄色と白のツートンで運用されてきましたが、近年になり、実戦を意識し、低視認(ロービジ)塗装として洋上迷彩に変更されています。敵航空機が上から同機を見ると海の模様に溶け込み、逆に地上の人間が下から見ると空の色に溶け込むという偽装効果があります。さらに最近では自衛用の5.56mm機関銃MINIMIをドアガンとして搭載するなど、本来の「コンバット・レスキュー」部隊への回帰を進めています。

CH-47


輸送用大型ヘリコプターです。CH-47の配備により、飛行場のない離島のレーダーサイト等への迅速な輸送が可能です。陸上自衛隊でも配備されています。


スポンサード リンク







トップへ戻る













政府専用機とは



パイロットの年収


































スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system