スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

陸上自衛隊第一空挺団





精鋭無比の落下傘部隊。

精鋭無比の落下傘部隊。特別な死生観を持った男たちが天から降ってくる


陸上自衛隊第一空挺団は精強な軽歩兵かつ、対テロ部隊です。陸上自衛隊の中でも精鋭とされ千葉県船橋市の習志野駐屯地に編成されています。一般隊員を遥かに超越した身体能力と特別な死生観を持った第一空挺団員は蛮勇な逸話も多く、他部隊の隊員から畏敬の念をこめて「狂ってるんじゃないの」と恐れられています。毎年1月には、降下訓練始めが習志野演習場にて行われ、航空自衛隊のC1輸送機や陸自の大型ヘリコプターCH-47からのパラシュート降下訓練が公開されています。陸上自衛隊唯一の機動運用部隊である第一空挺団は主として落下傘降下(空挺浸透)により、各種の作戦を遂行する落下傘部隊です。通常、空挺作戦、状況によっては、ヘリボン作戦又は空輸などによる地上作戦に投入されます。降下訓練などでは陸上自衛隊のヘリコプター(CH−47、UH−1)や航空自衛隊の輸送機(C−1、C−130H)の支援・協力を得ながら柔軟に迅速に活動しています。また、正規軍相手はもちろんのこと不正規戦、いわゆるゲリラ・コマンドゥ攻撃の対処も第一空挺団の本来任務になっています。近年ではその必要性がさらに高まり2007年(平成19年)3月、東部方面隊隷下から中央即応集団隷下に編成替えとなりました。 部隊編成 第1空挺団は千葉県習志野駐屯地に駐屯しており、部隊編成は、1個普通科群、1個特科(とっか)大隊、対戦車隊などの直轄部隊及び教育部隊である空挺教育隊の8個部隊からなり、全体で約1,500名の隊員で構成されています。習志野駐屯地は第一空挺団のほか、特殊部隊の「特殊作戦群」が根城にしています。落下傘訓練塔が圧巻です。

配備される装備品


史上初めて国外に開設された自衛隊の基地で警備を行う第一空挺団隊員。
砂漠地域での戦闘を考慮した特別な迷彩服と、折り畳みストック式89式を携行している。
第一空挺に配備される武器は一般部隊ととくに代わり映えはせず、スタンダードな89式自動小銃をメインアームとしています。しかし、この89式は「折り畳み式銃床」タイプであり、同タイプは陸自では第一空挺と機甲科の戦車乗員にしか配備されていない特別なモデルです。なぜなら彼らもまた特別な隊員だからです。ほかに9ミリ拳銃、9ミリ機関拳銃、M24SWS対人狙撃銃、ミニミ軽機関銃を個人携帯火器としているほか、無反動砲や迫撃砲、対戦車ミサイルなど大型の武器も配備しています。無反動砲は反動がほとんどない砲(全く無いわけではありません)で対戦車武器として使用され携帯式のものや、73式小型トラックに搭載した車載式もあります。 武器以外に配備される装備には暗視装置があります。いわゆるナイトビジョンと呼ばれ陸上自衛隊で使用されているものはITT社製のAN/PVS-14をライセンス生産した暗視装置です。第一空挺団員はこれらの装備の扱いに熟知しています。

第一空挺団の中に編成された誘導隊


このように精強な部隊である空挺団は、災害派遣にも即応できる態勢を整えているほか、在外邦人などの輸送に際し、現地で在外邦人などを誘導するための陸上自衛隊誘導隊を迅速に派遣できるよう待機態勢を維持しています。1999年に第一空挺の中に編成された誘導隊は海外の紛争地で日本人が取り残された際などに政府専用機などを使って救出に行く、本当に頼りになる精鋭部隊です。身長175センチ以上の眉毛を剃り上げて威圧感を出した隊員が銃口を水平ではなく真上に向けて小銃を構え、盾を構える姿は「俺らは戦争に来たんじゃない。守りに来たんだ」という日本国自衛隊特有の専守防衛という美学を感じさせます。

空挺教育隊で行われる空挺レンジャー教育課程

自衛隊には2014年現在、「レンジャー部隊」は常設されていません。しかし、構成隊員のほぼ全てが「レンジャー資格者」である第一空挺団は実質的にレンジャー部隊であると言っても過言ではありません。隊員は空挺レンジャー課程などを通じ、それぞれの任務に必要な能力を身に付けるよう日夜訓練に励んでいます。陸上自衛隊には各部隊が行っている部隊集合教育として、各種のレンジャー教育課程がありますが、そのレンジャー教育の中でも最も苛酷な訓練といわれるのが第一空挺団の中に編成されている空挺教育隊が行う、この「空挺レンジャー課程」です。同課程では幹部と曹が合同で教育を受けているほか、海上自衛隊の特殊部隊も訓練を受けています。なお士に限っては他の部隊でのレンジャー課程を卒業しても、第一空挺団ではレンジャー資格者とは認められず空挺レンジャーを新たに履修する必要があります。ただし曹に関してはほかの部隊で取得したレンジャー資格を持っている場合、空挺レンジャー課程は免除されます。同駐屯地に設置された高さ83メートルの降下訓練塔「落下傘訓練塔」で、隊員は落下傘降下の基本訓練を行っています。この塔から訓練生が落下傘をつけて降下します。航空自衛隊の航空学生(パイロットの卵)もこの塔からパラシュート降下の疑似体験をしています。 実際のパラシュート降下訓練では「自由降下傘」や「ひとにいさん」というフランス製の「696MI」というモデルを日本のメーカーがライセンス生産した落下傘を背負って輸送機や大型へリから降下します。イメージとしては東京タワーの高さから新幹線と同じ速度で飛行機から飛び出します。隠密降下では6000メートル上空の輸送機から降下します。一方、この降下訓練では過去、これまでに4名の殉職隊員が出ています。そのため、降下前には全員が遺書を書く習わしになっているのも第一空挺団の特別な伝統です。なお、この落下さんを整備補修しているのは、数十人規模からなる高齢の女性自衛隊員によるチームです。

第一空挺団の攻撃行動"ヘリボーン"

ヘリによる侵攻をヘリボーンと言います。第一空挺団が得意とする戦術のひとつであり通常、着陸したヘリからそのまま隊員を降ろすか、リペリングと呼ばれるロープ降下でホバリング中のヘリから隊員が降下します。落下傘降下による侵攻に比べ局地的に隊員を送り込むことが出来る一方で、速度の遅いヘリでは固定翼機やオスプレイなどより遠方へ進出することが難しく、また撃墜されやすいなどの短所があります。一方、離脱する場合は、大型ヘリからエクストラクションロープと呼ばれる高弾力性のロープに隊員が吊り下げられて機内に収容せず離脱します。

第一空挺団に入るには?


まず、狂っていることが必要ですが、空挺隊員にとって強靱(きょうじん)な体力と不撓不屈(ふとうふくつ)の気力は必要不可欠であるとともに、極めて困難な状況においても任務達成に邁進(まいしん)できる心構え、そして特別な死生観などといったライトスタッフと能力が要求されています。そのため空挺訓練生になるためには下記のような厳しい選考基準が設けられています。 ・陸曹が36歳未満、陸士が28歳未満。 ・知能・性格・作業素質・職業適性の各検査に適性があること。 ・体力検定は一般が5級以上 ・身長161cm以上、体重49kg以上、胸囲78.5cm以上

陸上自衛隊空挺団を扱った映画


実在する「第一空挺団」ではなく架空の部隊である「第八空挺部隊」を描いたその名も『第八空挺部隊 壮烈鬼隊長』(だいはちくうていたい そうれつおにたいちょう)という映画が1963年に東映の配給で公開されています。衛生職種の女性自衛官も登場します。ほかにも「右向け左!」という自衛隊コメディ映画にも「第一空挺団」の訓練シーンを再現しています。自衛隊全面協力の作品なので装備は本物で実際の隊員もエキストラで登場。輸送機からの降下シーンは必見です。

元第一空挺団の漫画家がいるそうですが、ガモウひろしですか?

檄!
違いますよ!『グラップラー刃牙』(グラップラーバキ)などで知られる、板垣恵介さんです。板垣さんは元陸上自衛隊委で5年間、第一空挺団に所属していました。もちろん、著作には自衛隊を描いた作品があります。檄! 単行本(ソフトカバー)によれば、「先生と出逢い、少林寺拳法を始めていなければ、絶対に自衛隊に入っていない。自衛隊に入っていなければ、空挺に進むことがなかった。空挺に行ってないということは漫画家にもなっていない。」とのことです。



スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system