スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛官が顔に塗ってるアレ





ドーランやフェイスペイントと言います。

演習中の自衛隊員をテレビなどで見ると、顔に何かを塗っていますよね。まるでスイカみたいです。あれは一体なんでしょう。あれは偽装用に顔を目立なくするための「お化粧」で、「フェイスペイント」や「カムフラージュ・メイク」や「ドーラン」と言います。「お化粧」というのは冗談ではなく、ドーランは実際に役者などが顔に塗って舞台に立っていますし、自衛官が使うドーランもまるでファンデーションのコンパクトのようなケースに入っています。なにより、このドーランを作って自衛隊に納入しているのは、お化粧品メーカーであるカネボウ(現在はクラシエ)さんなんですよ!この自衛隊で使うドーランの正式名称は「クラシエ カムフラージュメイク」です。これももちろん、自衛隊の中の購買であるPXにて販売されています。それにしても、化粧品のカネボウさんが自衛隊に迷彩偽装用のドーランを納入していたなんて、びっくりだね! 陸自の職種によっては写真の様に威圧感のあるカモフラージュ・メイクをする場合も。 これは怖いね。実際にどんなふうに塗るかというと、実際に自衛隊の公式サイトで紹介されているので参考にされてください。日常生活ではあまり、参考にする場面は無いと思いますが・・・。 

参考文献
陸上自衛隊第一師団公式サイト http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1d/html/4gimon.html


なんで顔に迷彩カラーを塗るの?

女性がお化粧をする理由は何でしょうか。それは、目や口といった顔のそれぞれのパーツを強調することにより、女性本来の持つ顔の美しさを補完するためです。しかし、自衛隊員が行う顔面への迷彩の化粧は、まったく逆。つまり、顔のそれぞれのパーツを顔本来のパーツとして認識させないようにすることで、背景に溶け込ませるのが目的です。正面から見た人間の顔は本来、目、鼻、口といった3つのパーツで構成されています、ですから、人間は、潜在意識としてこの三つのパーツを見ると人間の顔と認識しています。このため、本来の目、鼻、口といった3つのパーツでなくとも、図形などが三つのパーツを構成していも、人間の顔と認識することもあります。これをシミュラクラ現象と言います。例えば心霊写真が良い見本で、偶然写った目と鼻、口のような光の悪戯を、人間の顔と錯覚してしまうことがあります。このように人間は脳の中で、少しでも人の顔っぽいものを見ると、人の顔だと認識しています。ですから、人間が人間の顔を認識する能力は人が本来持っている潜在的なコミュニケーション能力です。しかし、自分の姿を隠したい戦場にいたのなら、素顔を晒す行為は適切ではありません。人間の顔を顔と認識させないために目、鼻、口を偽装、秘匿してしまうことが必要です。さらに、人間の体を体と認識させないように、ギリースーツなどを着用して人体の輪郭をぼかせば、偽装は完璧です。


映画などの作品でもこのドーランはよく出てきます。

フィクショナル作品でもこのドーランはよく出てきますよね。「自衛隊特殊コマンド部隊オメガ7(創生編)」にて「お化粧は大事だぞ」と新人の田中君が耳にまで塗るように先輩の小松さんと平岡さんに教育されてました。同じくコミックの「続・戦国自衛隊」では、主人公の島2尉率いる自衛隊部隊が、同じくタイムスリップして日本制覇を目指そうとする米軍の寝こみを襲う場面で、島2尉がなんと「バッ○マンマーク」を目元を中心に描くというコッタ塗り方を披露していました。コウモリのごとく、闇にまぎれて動く自分たちを現したのでしょう。映画では有名な「コマンドー」でシュワちゃんが出撃前に顔どころか、ムキムキの上腕部にまで塗ってましたよね(迷彩服を着ればいいのに)。「山猫は眠らない」というスナイパーの映画では、新人のミラー少尉の顔の塗り方がおかしくて、ベテラン曹長のベケットに「くすくす・・・」と笑われて「なんか変か!?」と焦ってました。


ロスコ カモフラージュ フェイスペイント コンパクト5色 ウッドランド ROTHCO FIVE-COLOR WOODLAND/GREY BARK CAMOUFLAGE FACE PAINT COMPACT
ロスコ カモフラージュ フェイスペイント コンパクト5色 ウッドランド ROTHCO FIVE-COLOR WOODLAND/GREY BARKCAMOUFLAGEFACE PAINT COMPACT
B008GY1YGQ | Rothco | ¥ 1,008




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system