スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

技術海曹/技術空曹




難関資格取得者を数年周期で採用する海・空の制度
難関資格取得者を採用する海上自衛隊の制度です

技術海曹とは海上自衛隊の採用区分で、海上自衛隊が必要とする難関で希少価値の高い国家資格免許を持った人材を採用する制度です。海上自衛隊で保有する様々な装備の維持、整備に欠かせない、工科系の知識を習得した、高い資質を有する人材を採用する制度となっており、受験資格者は高卒は門前払いで、大学・短大・高専卒となっています。 


この説明を作成するに当たり自衛隊の公式サイトを参考、引用としました。 
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/14.html

対象となる資格

航空基地等で、気象観測や気象予報を行う隊員として気象予報士の資格を持つ人材、また、通信隊においては無線通信業務等に従事する隊員として無線に関する国家資格として上位に位置する「総合無線通信士」の資格を持つ人材を採用しています。また、総通の下位資格である「陸上無線技術士」の資格を持つ人材は、通信隊等において通信機器や電子機器の調整、保守、整備等の業務に従事する隊員として募集されていますが、誰でも取れる1陸特は、海と空では門前払いのようです。ほか、電気主任技術者は全国の海自基地において電気設備の保守、整備等の業務に従事できます。さらに航空交通管制技能証明保有者は、航空基地等で航空管制の業務に従事でき、理学療法士、臨床検査技師、看護師、歯科技工士などの資格を持つ人材は、海自の病院や衛生隊において衛生関係の業務に従事する隊員として活躍できます。



スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは



パイロットの年収


































スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system