スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の汎用車両




自衛隊の汎用車両

名称概要

業務車3号(陸上自衛隊)

業務車3号は、陸上自衛隊の装備。偉い人の移動用車両である。

業務車1号(陸上自衛隊)

業務車1号は隊員の移動や輸送に使用されています。OD色の車体が特徴で実は特注のカラーなんだとか。深いグリーンの塗色は自衛隊の旧型被服や装備品の大半がこの色。とりわけ陸上自衛隊はODが基本色となっている。車両も救急車や消防車など一部を除けば大半がOD。現在では経費節減のためにブラックの塗色で調達されるという。

73式中型トラック

主に陸上自衛隊で使用されている非装甲輸送車両。
写真は後部荷台に12.7mm銃機関銃を搭載した地対空戦闘仕様。

中型セミトレーラ


掩体掘削機を搭載した中型セミトレーラ牽引車

73式大型トラック

陸上自衛隊で使用されている輸送車両。

旧・73式小型トラック

日本国内で生産されていた四輪駆動車で、1970年代当時にジープのライセンス生産を行っていた三菱自動車が、それまで防衛庁向けに生産していた、J-3系やJ-50系をベースとした1/4tトラックの後継車として、防衛庁の要求に合わせて積載量の向上を図り、ミドルホイールベースのJ-24型を改良したものである。

新73式小型トラック

1973年(昭和48年)に採用された自衛隊の汎用小型軍用車両(トラック)である。

高機動車-災害派遣にも使用される汎用人員輸送車両。

トヨタ自動車が開発・製造し、陸上自衛隊が装備している兵員輸送用自動車です。通常、固定武装はないものの、ロールバーに銃架を取り付ける事で、5.56mm軽機関銃MINIMIの搭載が可能。タイヤ空気圧調整装置や撃ち抜かれて空気が抜けても一定時間走行が可能なランフラットタイヤを採用。自衛隊でも比較的新しい車両です。国際平和協力活動用に防弾板を追加したタイプもあり、断熱材仕様の幌を装備しています。





スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system