スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の情報部門って?




自衛隊のキスキスバンバンは?

自衛隊の情報戦―陸幕第二部長の回想

自衛隊の情報戦―陸幕第二部長の回想
4794216726 | 塚本 勝一 | 草思社 | ¥ 1,890 | 2008-09


自衛隊のスパイ機関(キスキスバンバン)

世界各国では、政府機関として様々な情報・諜報組織があるほか、軍隊の中にも防諜機関が設置され自国の国益を守るために様々なスパイ活動を繰り広げています。では、日本の場合はどうでしょうか。日本国政府が設置している諜報・情報組織には公安調査庁、警視庁公安部や各道府県警察本部の警備部公安課などがあります。自衛隊のなかにも、自衛隊の作戦を行うために必要な情報を集めることを目的とした情報部隊と、「組織の中の部外秘を外部に漏れることを防ぐ」ための防諜部隊があります。現在、陸上自衛隊には「情報科」という新職種が創設され、陸上自衛隊では市ヶ谷駐屯地に約600名の隊員で構成される「中央情報隊」が編成されています。主に、陸自の作戦に必要な情報の収集と分析を行っています。過去、陸上自衛隊の情報セクションは「混成職種部隊」として編成されており、様々な職種の自衛官や事務官、技官が混在していました。また、3自衛隊の共同の部隊「自衛隊情報保全隊」は2009年に編成され、こちらは防諜を任務としています。これは陸海空が共同で運営している部隊で、人員規模は約1,000名です。諸外国の防諜機関と同様、一般的なインテリジェンスのセクションと自衛官とその家族に裏切者がいないか調査を行うセクションで構成されています。隊員はもちろんのこと、一般市民であっても一部の人々は監視対象になっています。自衛隊の諜報や防諜活動が表に出ることはもちろんありませんから、普段具体的にどのような活動をしているのかは、憶測の域を出ませんが、優しい顔の下に隠したその非情な振る舞いは隊員からとみに恐れられています。もちろん、自衛隊は警察ではありません。日本のKissKissBangBang(キスキスバンバン)も早く映画化されるといいですよね。






スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは



パイロットの年収


































スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system