スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の演習快適車両って?







し尿を焼く自衛隊トイレ車

まずこちら、トイレカー。自衛隊の演習で使われるほか記念祭などのイベント、災害派遣などでも活躍するぞ。し尿を処理する方法は電磁波を利用して、し尿を加熱処理する方式です。加熱されたし尿は灰となりますので処理が非常に楽なのです。このトイレカーの正式名称は野外支援車と言います。

実は自衛隊の演習場では演習中の排泄物の処理が問題となっています。
陸上自衛隊では演習場において何度も同じ場所を掘ったり埋めたりしていますので
土の中から自衛隊員のウムコが出てくる事が稀にありびっくりすることがあります。
その対策のために登場したのが移動式の野外支援車となります。

野外洗濯車もある

演習習中も洗濯が可能なんです。実は演習中も洗濯していたんですねー。
これで臭い野外演習とはさようなら?汗臭いと士気が下がりますもんね。

さらに航空自衛隊のみの配備車両としてキャンピングカーさながらの車両も。

この航空自衛隊のキャンピングカー、正式名称は自活車と言います。全長8メートル半、燃料タンクは300リットル入ります。このOD色の単なるトラック、これがもう快適ってベッドは6台も搭載されておりシャワー、トイレ、簡易キッチン、冷蔵庫まで完備!自衛隊最強のキャンピングカーです。広報誌MAMORによると「航空自衛隊は野外での部隊展開時にテントを張らないことが多い」そうでしてさすが航空自衛隊はアメリカが作った組織なんだなーと思いました。それにしても誰が一番このキャンピングカーをうらやましがっているって言えば演習中は天幕で寝起きする陸上自衛隊員でしょうねえ・・・。でも使えるのはほとんど幹部だけだそうです。




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは



パイロットの年収


































スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system