スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の火炎放射器





ヒャッハーッ ボボッ
陸上自衛隊で配備されているいわゆる火炎放射器である。

陸上自衛隊普通科部隊に配備されている。自衛隊では携帯放射器と呼称される。


有効射程はゲル化油使用時において40m、普通油使用時において20mとされる。

可燃性のガソリンを充填したタンクを背負っているので、火炎放射器を装備した兵士が拳銃弾程度でも被弾すると、引火し火だるまになってしまうこともある。2015年、アメリカではついに火炎放射器の一般販売が「全面解禁」されたそうだ。げに恐ろしき時代である。 





スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system