スポンサード リンク

スポンサード リンク
 


ベネリ M3T




海上自衛隊で配備
自衛隊が取得した散弾銃
本プロダクツは海上自衛隊の艦艇内武器庫に装備されている半自動式ショットガン(散弾銃)です。発射の反動を利用して弾薬を薬室に装てんする方式を持った自動式散弾銃であり、世界各国の軍や警察の特殊部隊でも採用されています。オリジナルモデルのM3は固定式ストックをもったオーソドックスなスタイルのショットガンですが、M3Tは閉所でも扱いやすい折り畳み式のストックを装備しています。海上自衛隊ではフカ警戒員という担当があり、救助訓練中などの際に、銃を手にサメの警戒を行っています。

典拠 海上自衛隊

http://www.mod.go.jp/msdf/ccf1/1ed/
hyuga/topic/20100308/index.htm

海上自衛隊の艦艇乗組員は航海中、銃の訓練を艦艇の上で行います。風船を上げてそれをベネリM3T散弾銃で撃つという射撃訓練をしています。なお、海上自衛隊の隊員にも施設の警備を担任する陸警隊、特殊作戦を遂行するネイビーシールズのような特殊部隊が編成されていますが、陸自と同様に自分たちの敷地内で射撃訓練をします。さらに海自では別の散弾銃も配備しています。

参考URL「下総航空機基地の装備」
http://plaza.rakuten.co.jp/simohusakai/7000/

陸上自衛隊でもウイルソン・コンバット社の散弾銃を一部で取得しています。





スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system