スポンサード リンク

スポンサード リンク
 


コルト M4A1カービン




原型は米軍で最も成功した制式ライフル。

M16ライフルM4カービンの秘密 傑作アサルト・ライフルの系譜をたどる (サイエンス・アイ新書)

M16ライフルM4カービンの秘密 
傑作アサルト・ライフルの系譜をたどる (サイエンス・アイ新書)
4797371455 | 毒島 刀也 | ソフトバンククリエイティブ | ¥ 1,000 | 2013-06-18

本プロダクツはアメリカ製のカービン銃で、米軍で広く配備されています。自衛隊ではM203グレネードランチャー、QDSS-NT4サイレンサーなどとセットで購入を行っています。 これを日本の陸上自衛隊特殊部隊でも所有していることが判明したのは元米軍将校の飯柴智亮さんの「声明文」からです。

種別としてはライフルよりも短いカービンとなり、実質的には現代の標準的ライフルの範疇に含まれます。現在、米国では、アメリカ軍の兵士の大半がM4を貸与されており陸海空軍のみならず警察や法執行機関でも広く配備されていますが、海兵隊では全ての兵士がライフルマンであるという伝統的なモットーから一般兵員向けにはフルサイズのM16A4を配備しておりコンパクトカービンであるM4は一部のみにとどまります。

外見はベトナム戦争のころにすでに登場しているXM177風ですがメカニズム的には80年代に登場したM16A2をショートにしたもので非常に近代的でありほぼ別物となっています。 従来、M16ではキャリングハンドルが本体と一体化されており取り外しは不可能でしたが、M4ではM16シリーズとしてはじめてキャリングハンドルを着脱式にした上で、ピカティニーレールを搭載しました。そのためスコープやダットサイトなどが嵩張らずに取り付けが可能になりました。本体に取り付け可能なオプションが多数でどのような作戦でも柔軟に運用できることも特徴です。銃身下部に装着可能なショットガンもあります。

このM4をドイツのヘッケラーアンドコッホが発展改良した製品が
HK416であり、同銃は海上自衛隊特殊部隊で試験的に配備されています。


「 M203グレネードランチャー」は有効射程350メートルのM16/M4系に装着できる口径40ミリの擲弾発射筒です。自衛隊がM4と共に購入したM203は、過去にも一度、89式小銃用に導入が検討されたことがありましたが、破壊効果が微少であり見送られた経緯があります。



スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system