スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の配備する迷彩服・戦闘服






自衛隊の配備する迷彩服・戦闘服

デジタル技術で描写され戦うために進化してきた自衛隊の迷彩服。

現在の自衛隊の迷彩服は陸海空の3自衛隊でそれぞれ異なったパターンが配備されており、いずれもコンピューターによるデジタル処理で作成された「ハイテク」迷彩服です。陸は日本の植生に合わせ森林と土になじむ茶色と緑の配色のドットパターン、空は滑走路をイメージしたグレー系のデジタル・ピクセル・カモフラージュ、海は米海軍そっくりのブルー系のデジタル・ピクセル・カモフラージュです。陸上自衛隊では隊員の迷彩服通勤を行っていますが、琵琶湖の辺(ほとり)に位置する大津駐屯地のある滋賀県大津市の地元住民が「迷彩服姿の自衛官の通勤に恐怖を感じる」と表明しています。もちろん自衛隊としては市民に恐怖を抱かせるためにやっているわけではなくあくまで災害時などの即応体制を確保するためのものです。

それでは、それぞれの迷彩服の特徴を解説していきます。


陸上自衛隊

陸上自衛隊の配備する迷彩服


陸上自衛隊では現在、迷彩服2型と呼ばれる迷彩服を導入しています。これより以前に配備されていたOD作業服と1型迷彩服からご説明します。OD作業服とは正式名称を65式作業服と言い、昭和40年から配備が始まりました。迷彩服ではなく、緑色のOD色(国防色とも呼ばれました)一色で、ビニロンと綿の混紡でした。現在の迷彩服と違って上着をズボンの中に入れるスタイルで夏は暑く、土がズボンの中に入るとして不評でしたが長らく自衛隊の正式なスタイルとして導入され続けました。現在は廃止されましたが、一部部隊では現役です。それにしても光沢のあるOD作業服とこげ茶の旧・半長靴と旧型テッパチの組み合わせのほうが今の迷彩服姿の自衛官よりも「威厳」を感じてしまうのは筆者だけでしょうか。そして、OD作業服と並行して昭和42年から配備が進められた迷彩服1型は、陸上自衛隊初の記念すべき迷彩服です。北海道の熊笹に合わせた迷彩効果を得られるように工夫されているため、北海道以外の森林では大変目立つパターンでした。現在の2型より明るい色をしており洗うたびにさらに明るく薄くなる一方で、対ソ戦争を意識し北海道の防備を固めていた当時の自衛隊の状況を表した政治的色合いはとても濃い迷彩服でした。なおこちらも着用時は上着のスソをズボンの中に入れるスタイルのためにOD作業服同様、泥や土が入るとして不評でした。そして1992年に「ハイテク迷彩服」と呼ばれる迷彩服2型が導入されました。パターンはコンピューターによるデジタル作画ですが、昨今のデジタル・ピクセルというよりは一般的に「ドットパターン」に分類されており、同様のパターンとしてはドイツ軍も「フレクター迷彩」として,、非常によく似た迷彩服を日本の自衛隊より以前に配備しています。「迷彩服2型」または最近では単に「迷彩服」、戦闘装着セットとして支給されたものは「戦闘服」と呼ばれており、 戦闘装着セットとして支給されたものは耐熱(難燃)性と対赤外線ステルス性(近赤外偽装)機能を有しています。これまでの作業服のレベルでは考えられなかった「ハイテク装備」の一つです。俗に「新迷彩」と呼ばれますが採用されてもう20年になります。現在は細部の改良を施したタイプに逐次更新されていますが迷彩のパターン自体は2型同様です。第一空挺団向けに支給される「空挺迷彩服2型」というタイプでは通常より細身に作られています。官品の2型迷彩にはいわゆる茶系と緑系という2種がそれぞれ夏用・冬用として支給されていたとも一部で言われていますが、迷彩服2型自体の色合いは全国の部隊で統一されており、防寒用の外衣が茶色の配色を増やしたものになっています。陸上自衛隊にも近年、正式に配置され始めた狙撃手(スナイパー)はこの迷彩服の上からギリースーツを着用し人体の輪郭をぼかすことでより高い偽装を施します。2003年には自衛隊がイラク復興支援任務でサマワへ派遣されましたが、この時に使用されたのが「防暑服4型」とよばれる薄い生地のタイプです。通気性の良い防暑帽4型も同時配備されました。いわゆるブッシュハットで、それまで自衛隊では官品として配備しておらずレンジャー訓練学生などの一部隊員が私費でPX品を購入し着用していました。イラクに派兵されたアメリカ軍をはじめとした各国軍は砂漠用迷彩服を着用しているのに対してサマワへ派遣された陸上自衛隊イラク復興支援群では「我々は戦闘部隊ではない」として敢えて緑を主体とした通常の陸上自衛隊パターンの迷彩服を着用して行きました。砂漠で森林パターンの迷彩服は逆に目立つため他国軍からは奇異に見られましたが、イラク軍やその他武装勢力には「日本軍(自衛隊)には戦闘する意思がない」ということを知らしめる効果がありました(とはいうもののイラク派兵中、迫撃砲・ロケット弾による自衛隊宿営地攻撃が13回にわたって発生しました)。


陸自タイプ デザート迷彩服 上下セット [15/03/06] 価格:15,984円(税込、送料別)

近年ではジブチ派遣に伴い、砂漠地帯での活動を考慮した砂漠迷彩も配備されています。それが、自衛隊史上初の海外基地である「日本国海上自衛隊ジブチ基地」に基地警備のため派遣されている陸上自衛隊員が着用する2型迷彩をデザートカラーにした砂漠用迷彩服です。今回の
自衛隊アフリカ派兵では武装勢力との交戦を視野に入れているのか実戦的なデザートパターンになったようです。また、陸自の特殊部隊には戦闘服市街地用と呼ばれる戦闘服が配備されています。SATマガジン2013年9月号の陸上自衛隊の特殊部隊特殊作戦群写真 野口卓也さん/浅香昌宏さんの解説記事によると濃紺とされます。さらに仮想敵の役割を持つ「陸上自衛隊部隊訓練評価隊」専用の黄色みがかった迷彩服もあります。防衛省によって公開されている評価隊の専用迷彩服です。http://www.mod.go.jp/gsdf/takigahara/butai/butai_hyouka.html
なお陸自の迷彩服は海と空の一部部隊でも採用されており陸自専用というわけでなく3自衛隊で着用されています。

陸自では戦闘服の上に「戦闘装着セット」を着用し任務に当たります。
こちらで解説しています。

航空自衛隊

航空自衛隊の配備する迷彩服
航空自衛隊デジタル迷彩服上下セット  サイズ4A

航空自衛隊デジタル迷彩服上下セット  サイズ4A
B009YP1LRI | 誠和商事 | ¥ 13,500

航空自衛隊では80年代後半から、陸自の「明るすぎる」迷彩服1型を色合いのみ変え、航空自衛隊独自とした野戦用作業服を配備し、現在まで主に基地警備隊や高射部隊に広く配備しています。

陸自の1型に比べると、色合いが一段と濃くなり、待ち伏せなどの戦術を意識したものになっています。また、2009年からは女性航空自衛官が目まぐるしく派手な化粧と私服姿から迷彩服の公務員に「変身」してゆく防衛省の広報用テレビCMでおなじみ、航空自衛隊の新型迷彩服であるデジタル・ピクセル迷彩服が配備されています。

航空自衛隊員が活動する場所が主に基地の滑走路と言うコンクリート帯であることから、滑走路帯を強く意識したグレーのデジタル迷彩パターンの迷彩になっておりこのデジタルパターンは迷彩服のほかにも帽子、鉄帽覆い、カッパ、そして防弾チョッキなどにも採用されています。

コンクリート風景に紛れる独特の迷彩はいわゆる「都市迷彩」でもあり、有事の際には陸上自衛隊で使用しても効果的かもしれません。当分は、この新型迷彩と旧型迷彩の併用になるようです。ほかに、航空自衛隊は早くから国外活動の必要性を意識しており湾岸戦争当時、バグダッドにおける邦人救出任務の派遣に備えて砂漠用のデザートパターン迷彩服も少数のみ採用しました。これは当時の米軍と同じ「チョコ・チップ・クッキー」と呼ばれる6Cパターンでした。現在では、米軍の「コーヒー・ステイン(シミ)」と呼ばれる3Cデザートパターンに似た砂漠用迷彩もあります。そのほか、ご覧のように空自でもメディックなど一部部隊では陸自の「空挺迷彩服2型」が配備されています。写真は陸上自衛隊の迷彩服を着て救助デモ中の航空自衛隊救難員です。


海上自衛隊

海上自衛隊の配備する迷彩服

NWU 米海軍 US Navy ネイビー デジタル迷彩 ピクセルブルー デジタルブルー レプリカ BDU 迷彩服 戦闘服 ジャケット&パンツ 上下セット (M)

米海軍 デジタル迷彩 レプリカ 上下セット (M)
B00IGPGMNA | st-mil | ¥ 4,980

これまでも、海上自衛隊では基地を警備する陸警隊員など一部部隊では陸上自衛隊の2型迷彩を着用していましたが、海上自衛隊独自となる念願の迷彩服は2012年になって、配備されました。全部隊に行きわたるまでまだ時間がかかりそうです。海自の迷彩服はブルーを基調にしたデジタル・ピクセル・パターンで米海軍の現用迷彩・Navy Working Uniformそっくりですが、海自オリジナルの小さな「錨マーク」がいくつもちりばめられています。実はこれ「陸上用戦闘服」だと言うから驚きです。現在、世界各国の海軍の迷彩服として主流なのがブルーを主体としたドットパターンのデジタル迷彩服。同種のパターンはアメリカ海軍をはじめ中国や韓国海兵隊でも採用されていますが、ついに日本の自衛隊も採用したというわけです。現状は陸上勤務者など一部要員にのみの支給にとどまっている状況です。SATマガジン2012年11月号では富士で行われた総合火力演習時に見学にやってきた海上自衛隊幹部の写真が掲載されていますが、その姿は海上自衛隊迷彩です。なお隣には陸自幹部、さらにこれまたデジタル迷彩を纏った空自幹部が。これで陸海空の3自衛隊ではついにそれぞれの迷彩服が配備されることになったかたちです。

自衛隊の迷彩服の一般販売について


自衛隊が正式に隊員へ支給されているものは「官品(官給品)」と呼ばれ「官品迷彩服」は普段、厳重に管理されており、用途廃止の際は部隊などでシュレッダーで裁断され破棄されます。しかし、過去には自衛官が官品の迷彩服をオークションに出品し警務隊が捜査を行ったことがあります。ただし、過去には部隊で正式に民間へ払下げも行っていたこともあり、合法的に自衛隊の被服が購入できる場合もありました。一方、自衛隊駐屯地や基地の中の売店で当時のアサヒシャイニングや防衛省共済組合などが販売していた「PX品」は隊員用の私物として扱われていました。市場で販売されているものはPX(自衛隊内売店)向けのものです。有名なメーカーにアサヒシャイニングなどがあり、同社はかつて東京都八王子市にあった自衛隊・自衛官の為のミリタリー・迷彩のオンラインショップで製品は自衛官の愛用者が多かったようです。しかし、このPX迷彩服は現在、難燃加工などの安全性に問題があるとして勤務での使用が制限され官品の着用に統制されています。ノーアイロンはシワになりにくく速乾性がある一方で、万が一、燃えた場合、皮膚に生地が張り付き大火傷を負うことがありますので注意が必要です。

自衛隊の被服の「製造メーカー」について


さて、自衛隊の官品の迷彩服に関しては国内の企業で製造しています。それが気に食わないとして民主党がいわゆる「事業仕分け」議論にて自衛隊の制服を中国製にしろと案を出したことがあります。しかしながら、自衛隊の被服と一言で言っても迷彩服の難燃性や対赤外線機能などは防衛機密になっています。興味深い話としては国内企業のほか、企業から発注された縫製などを刑務所や少年院で受刑者が担当しています。札幌刑務所の受刑者や函館少年院の少年たちが作った自衛隊の被服はとっても縫製がていねいで定評がありました。札幌刑務所ではそれにかこつけて刑務官が「お前ら、サバゲー用に俺のチームが着るから迷彩服つくれや」と受刑者に強制的に作らせたこともあります。「お兄ちゃんの着てる制服、俺が刑務所で作ってたんだよ」と元受刑者の方に街で言われびっくりした自衛官もいたそうです。自衛隊の被服のタグには通常、製造メーカーが書いてありますが、納入したものによっては「刑務所で心を込めて作りました」というような文言が書いてあり、自衛官は複雑な気持ちになるそうです。警察官の一部被服も刑務所で作られており、やっぱり「刑務所で心を込めて作りました」というタグが・・・。アメリカ軍の官品迷彩服では中国製があり、アメリカ連邦議会で問題になっています。アメリカ軍の迷彩服も警察官や自衛官の被服同様、日本の刑務所や少年院で製造していただければ、高品質なものが提供できるのではないかと思います。

自衛隊の「ジャー戦」について


ジャー戦とは上が戦闘迷彩服で下が青ジャージという陸自の奇抜かつ伝統的な課業後のスタイルです。主に営内に住む、つまり駐屯地の中で暮らす曹士隊員が男女の別なく、行います。駐屯地によっては営外者である幹部も行います。なお空自では「ジャー戦」は行われておらず航空自衛隊員が陸自の駐屯地で「ジャー戦」姿の隊員を見ると「やだっ!なにあれ!」と絶句し立ちくらみするそうです。つまり萌え萌えマンガに出てくるどんなに綺麗な陸自の女性自衛官でもジャー戦をやっているのです。もうわかったって。



スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system