スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

海上自衛隊 立入検査隊




護衛艦ごとに編成され臨検を目的とした部隊

護衛艦ごとに編成され臨検を目的とした部隊 自衛隊の仕事全ガイド 隊員たちの24時間: Welfare Magazine総集編 自衛隊の仕事全ガイド 隊員たちの24時間: Welfare Magazine総集編 4562047232 | Welfare Magazine編集部 | 原書房 | ¥ 2,100 | 2011-07-22 ワッペン 海上自衛隊  アイロン パッチ 刺繍 本部隊は1999年、いわゆる不審船事件に端を発した周辺事態法の成立により、海上自衛隊に編成された"臨検専門部隊"です。立入検査隊員は濃紺に近い「立入検査服」を着用し、同じく濃紺の88式鉄帽やスポーツ用ヘルメット、防弾チョッキを着用しており、海上保安庁の特殊部隊SSTと似たスタイルです。中には立入検査隊を特別警備隊と間違って写真を紹介しているブログもあるようですが、一度しか公開されたことがない特殊部隊である特別警備隊に比べると、訓練が公開される機会が非常に多く、小火器はミネベア製9mm拳銃(P220)及び、性能とは裏腹に閉所でも取り回しやすい9mm機関拳銃を使用するなど装備品も公開されています。火器以外では、やはり臨検という国際法で認められた法執行の側面からか、伸縮式特殊警棒のほか手錠も携帯しているのが特徴的です。また、隊員が素顔を晒しているのも特別警備隊、さらには陸自の特殊作戦群とは異なっており、明らかに特殊部隊とは異なる位置づけです。 参考文献 自衛隊の仕事全ガイド 隊員たちの24時間: Welfare Magazine総集編


スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは



パイロットの年収


































スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system