スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊のMOSとは?




きみよ知るや自衛隊のMOS
隊員のスキルを表す自衛隊独自の資格です


                      



MOSってなんなの?


MOS(モス)と聞くと、フレッシャブルなあのモスバーガーだと思う人がいるかもしれません。実際に自衛隊の駐屯地の中には、モスバーガーがあるところもあるんです。さらにミスタードーナツまであったり、デイリーヤマザキショップが多く入っています。あ、話がそれましたが、ここで言うモスとはハンバーガー屋さんではなく、自衛隊での資格、「特技区分」〜通称MOS(モス)なのです。特技区分?MOS?なにそれ?英語で書くと「Military Occupational Spesiality」となります。つまり、個々の自衛隊員がそれぞれの役割を担うための資格なのです。

どんなMOSがあるの?

その「特技」についてですが、様々です。ラッパを吹く隊員、通称「ラッパ手」と呼ばれますが、これもラッパの教育を受けて取得するMOSです。トラックを運転するのは「装輪操縦」とよばれるMOS。なお当然、すべての自衛隊員は小銃射撃の訓練を受けるため、すべての自衛隊員が軽火器(小銃)のMOSを取得しています。これら各種のMOSを持つ隊員が支えあって自衛隊という組織が構成されています。なお、もちろんこれらのMOSは自衛隊でのみの資格であるので、一般社会でのいわゆる国家資格、公的資格などとは性格が異なることを覚えておこう。言うなれば「資格」というより「技(わざ)」って感じかな。 ラッパ吹くにも資格がいるんだね!





スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system