スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊パイロットの携行品は?






救難装備がぎっしり!でも拳銃は・・・・?

ヘリパイロット、戦闘機パイロット、飛行艇パイロットなどなど自衛隊の操縦士にも各種ありますが、基本的にはフライトスーツを着用し、ハーネスをつけ、その上から必要な装備品を収納したベストを着用します。航空自衛隊の場合、離陸時間が近づくと救命装備室でパイロットは浮き袋の機能がある救命胴衣と、パラシュートとつなぐトルソハーネス、そして重力によって血が下に下がるのを防ぐGスーツなど、必要な装備品を身に付けることになります。

航空自衛隊の戦闘機パイロットに見る「生存用入組品」 

航空自衛隊の戦闘機パイロットは非常事態に対処するため、サバイバル(生存自活)用の「生存用入組品」を携行(多くの救命装備は射出座席の下にコンテナに入ってまとめて組み込まれています)します。まずはサバイバル用品の基本とも言える「ナイフ」。医薬品として救急医療キットと野外用救急包帯。これは国内法では自衛官と言えど医官を除き普段、止血剤を持てないので、一般的な家庭用救急箱の中身と同様です。おまけにリップクリームまで入っています。お次は海水から真水を作る栗田工業製「海水脱塩剤」です。ほかに雨水を飲んだりもします。一応、ポリ容器入りの「救命水」も入ってます。そして「艦艇や上空の航空機に見つけてもらうための装備」として、煙と閃光が出る信号筒(昼/夜各別)に、打ち上げ花火のようなペンシルガン(及び弾薬)、防水携帯灯です。太陽を反射させて使うシグナル・ミラーも、 さらに海面着色剤もあります。耐寒用の保温装備品として60度の発熱をし、70時間使用できる救命保温具とレスキューシートも入ります。面白いものとしては捜索機のレーダーを反射する風船キットが入っています。これをガスボンベで膨らませ上空へ上げます。そしてもちろん、救命糧食も携行します。一人の人間の命を守るためにここまでの資機材が組み込まれている、それが「生存用入組品」です。こういった、航空機の非常事態においてパイロットや乗員を救助するために24時間の即応体制をとっているのが、同じ航空自衛隊に編成された「航空救難団」です。航空救難団の装備や機材などをこちらで解説しています。 


陸自のヘリパイはこんなふうにパラシュートを背負っています。 


自衛隊のパイロットは拳銃を持つの?

アメリカ軍では戦闘機、戦闘ヘリのパイロットは拳銃を携行して訓練を行っています。当然、本国での訓練がそうであるように拳銃を携行して飛行訓練を行っており、日本国内でも私たちの頭の上をベレッタM9拳銃を持った米軍兵が、縦横無尽に日本の航空法に縛られず飛んでいます。一方、日本の自衛隊ではどうでしょうか。陸上自衛隊のヘリパイロットは携行して飛行することもありますが、航空自衛隊の戦闘機パイロットではどうやら飛行時に携行することはしていないようです。 





参考文献 プロが教える飛行機のメカニズム ナツメ社


SOL(ソル) ポケットサバイバルパック 12071
SOL(ソル) ポケットサバイバルパック 12071
B000FVRG9C | SOL(ソル) | ¥ 5,940 | 2012-04-05

UST(アルティメイトサバイバルテクノロジー) スターフラッシュウルトラシグナルミラー 12159
B001J60OAU | UST(アルティメイトサバイバルテクノロジー) | ¥ 2,052 | 2012-02-17




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system