スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の戦闘機で体験飛行?そんなことできるの?




はい、できます。ただし・・・

ヘリの体験搭乗は良く知られているけど…

自衛隊のヘリについては各駐屯地基地際において抽選で搭乗ができるチャンスがあります。ほかにも広報施設「りっくんらんど」でも体験搭乗の抽選が行われています。また、体験入隊でもヘリに乗れる場合があります。さらに・・・民間人であっても自衛隊の戦闘機に乗ることも夢ではありません。自衛隊の活動に協力すればF15にだって乗れちゃうんです!信じられないが本当だ・・・・・。UH-1JヘリからC-1ジェット輸送機、さらにはF15戦闘機まで体験搭乗することが出来ます。 過去に公表された例では「アパグループ代表」が航空自衛隊のF15戦闘機による体験搭乗をプレゼントされています。参院外交防衛委員会で浜田靖一防衛相は、懸賞論文を主催した総合都市開発会社 「アパグループ」の元谷外志雄(もとやとしお)代表を小松基地(石川県)の F15戦闘機に体験搭乗させていたことを明らかにしたことで発覚。この点について田母神俊雄・前航空幕僚長は元谷氏が98年から10年間、小松基地を支援する民間組織の会長を務めたことから「功績に感謝し、大勢の希望者から選んだ」と証言しました。 田母神氏は98年から約1年半、小松基地司令でした。もちろんアパグループ代表以外にも体験搭乗をした民間人はおり、作家の有川浩さんもF15に体験搭乗した「自衛隊協力者」の一人。 

その経緯を自衛隊公式サイトで読むことができます。 

http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/soratobu/soratobu6.html

現在公表されているものだけでも、小松基地における部外者のF15への体験搭乗は平成18年度において6月に1回、同年8月に1回、同年12月に1回、計3回実施。また20年度においては4月に1回、7月に2回の計3回を実施しているとのことです。それにしても自衛隊の戦闘機に民間人が体験飛行できるなんてびっくり。税金が適正に使われればいいですね。

自衛隊エリートパイロット 激動の時代を生きた5人のファイター・パイロット列伝 (ミリタリー選書 22)

自衛隊エリートパイロット 激動の時代を生きた
5人のファイター・パイロット列伝 (ミリタリー選書 22)
4871499820 | 菊池 征男/竹田 五郎/ 安宅 耕一/ 佐藤 守/ 窪田 博/ 田中 石城 | イカロス出版 | ¥ 1,700 | 2007-08-31



スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system