スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の戦闘糧食 I型




戦闘糧食1型

今すぐ食べたい!自衛隊ごはん―やっぱり、日本のごはんがイチバンだ! (イカロス・ムック)
さて、自衛隊の食堂のメシの次は自衛隊の演習で主に食べられる、「戦闘糧食」をご紹介いたします。いわゆる缶詰およびレトルトパックになった「携帯できるご飯」である「戦闘糧食」は刑務所の食事がオリメシと呼ばれるように、俗に"ミリメシ"と呼ばれてます。現在、自衛隊では戦闘糧食1型及び2型を支給しています。1型は缶詰タイプで、長らく自衛隊の野戦用糧食として支給されてきましたが、評判はあまり良いモノではありませんでした。しかし、このカンメシ型の1型は3年という長期保存が可能で保存性に優れています。通常、2年間は駐屯地で保管され3年目に演習などで食べます。もちろん、あくまで非常糧食扱いで常食するものではありません。90年代になるとレトルトパックタイプの二型が登場し、これはメニューが豊富で何より、味が良いので隊員から好評です。なお、これら糧食の調達にはいずれの場合も師団の需品科と調整が必要となり、その調達調整に失敗すると、隠し在庫からタクアン缶ばかり配給されたりするので、隊員からはたいへん恐れられています。


自衛隊の戦闘糧食の特徴とメニュー

戦闘糧食の外装はOD色になっており、野外でも目立たないように配慮されています。また、包装も民生品とは違って自衛隊独自の規格で厚めになっており、破れにくくなっています。戦闘糧食は配給の前に温められます。温めないでそのまま食うと、あまりおいしくないどころか、栄養的にも吸収されにくく体に悪いそうです。そこで湯煎するわけですが、湯煎をすることでα化(でんぷんの化学的変化)されると美味いうえに、栄養的にもマル。缶詰めタイプは大型の缶が主食の飯で小型の缶がおかずとなり、缶詰めは一度湯湯煎すると2,3日は常温で放置しても大丈夫。一度、湯煎された状態であれば、真冬でも大丈夫です。レトルトタイプの2型なら、温めるためのヒーターまで付属します。主食には白米、赤飯、五目飯、とり飯、しいたけ飯、そして乾パンがあります。おかずは各種、たくあんもあります。たくあんは納入先メーカーの廃業により、一時途切れましたが、現在では新たなメーカーによって製造が続けられています。ちなみにそのあたりのことは田辺節雄さんの「続・戦国自衛隊」にも書かれており、ヘリのパイロットの隊員が詳しく説明してくれます。戦国時代へタイムスリップした現代の自衛隊員たちは戦国時代の質素な食事を食べ続け、健康的な生活習慣になっていたところに、突然、米軍のMREレーションを食べたので、「高カロリーでお腹がゴロゴロになり」隊員たちが厠(かわや)通いになるという面白いオチがついてます。


さて。これら缶メシのお味はどうなのでしょう。

実は、決して美味しいものではなく、メニューのそのどれもが特徴として塩辛く味付けされています。味付けハンバーグ缶はとくに冷えると「すごい味」になるので絶句、いや、絶品。また、もち米を利用することで腹持ちを良くしてあり、カロリーも高めに設定されています。そのせいか、胸焼けするという隊員の声もあります。このように評判は決して良くないものの「たくあん」だけは別格だといいます。なお、カンメシの組み合わせは、陸自と海自では運用が異なっており、陸自ではカンメシの組み合わせを選ぶことができません。 

戦闘糧食に入っている乾パンとクラッカーについて 

さて、旧軍の頃からの軍用糧食の代名詞としては、やはり乾パンが挙げられるでしょう。一番上の写真は、オレンジスプレッドのチューブとカンパン、一番左端の黒いものがレトルトタイプの2型糧食です。カンパンも民生品と味も仕様も同じ。袋には自衛隊のマークが入っています。カンパンはオレンジスプレッドと呼ばれるオレンジ味の水飴のチューブとソーセージ缶がセットになって配給され、むかしはレバーペーストのチューブもあったそう。陸自と海自でも配給が今なお続けられており、陸自の乾パンではカンパン自体に甘味が無く、金平糖の"おまけ"がつきます。しかも行軍中や移動中の喫食を考慮し、小型にして口に放り込めるように配慮されているのが特徴です。一方で、海自の乾パンはデカく、さらにカンパン自体に甘味があるのが特徴。また、採用当初はクラッカーが主食のパックが6種あったそうですが、なぜか現在では1種類しかありません。 

巷で話題のミリメシ 

今、一部界隈でこれらの戦闘糧食が「ミリメシ」と呼ばれ静かなブームを起こしているのを皆さんはご存知でしょうか。これら実物のMREレーションは通信販売で日本国内でも流通しており購入が可能です。価格は高価で1パックあたり1000円を超えます。 さらにそのブームの流れで本家MREとは別に派生してしまったのが、さすがアニメ大国日本というほかないのですが、日本国内では「萌えミリメシ」なるものが発売されています。内容物は自衛隊のレトルトパックタイプの戦闘糧食と同等であるというが迷彩の外箱には萌え萌え女性自衛官のイラストがプリントされている。 自衛隊で戦闘糧食と呼ばれ納入されているものは基本的に1型、2型であれば外装がOD色というだけであり市販の保存食と変わりはありません。別に、変なビタミン剤が添付されていたり、食べると戦意が高まるような変なものが入っているとか、10年くらい持つように異常に保存料が多いとか一切ありません。つまり、前述の一般販売向け自衛隊風戦闘糧食「萌えミリメシ」とほとんど同じです。さらに言うと、萌えじゃない普通のレトルト食品と同じなのです。 ちなみにこれは民間のレトルトパックメシ。実は自衛隊でも、この民間仕様パッケージが演習時に配給される場合があります。

民間で販売される缶飯各種。味の種類が豊富!

東日本大震災での戦闘糧食と泣ける話

2011年3月11日に発生した東日本大震災で、被災者に自衛隊が到着直後、第一に配ったのもこれら戦闘糧食でした。その後、資材が整うと野外炊飯車で調理した温かい食事を供することが出来ましたが、陸自と空自では「被災者の前で赤飯を食うわけにはいかない」として54年前から配給が始まった「赤飯」がメニューから消えることになりました。実は派遣された隊員らは派遣中、被災者には野外炊飯車で作った暖かい出来立ての食事を提供する一方で、自分たちはこれら戦闘糧食を食べていたそうです。被災者の「温かい食事」をまず第一に考え、自分たちのメシの準備は後回しという姿に頭が下がる思いです。もっとも、自衛隊でも災害派遣では赤飯をなるべく使わないようこれまでも配慮されてきたのですが、今回のように派遣規模の大きな震災では使わざるを得なかったそうです。なお、海上自衛隊では艦艇内での食事が多いとして赤飯の廃止は見送られています。自衛隊の災害派遣を裏から支えた「戦闘糧食」。偉大なり。 


「自衛隊とカップラーメン」のエピソード二つ

自衛隊の演習では、隊員が即席めんを食べることもあります。そんな自衛隊の演習とカップラーメンの話には、少し興味深い話があります。日清カップヌードルといえば、知らない人がいないくらいド定番カップめんですが、当初はなかなか一般に受け入れられなかったそうです。そこで日清は、警察や消防など夜勤の多い職場に売り込みました。そんな中で「カップヌードルの最初の顧客」となったのが自衛隊だったそうです。給湯車からお湯を入れたカップヌードルが、演習中の自衛隊員の食糧として配られたのが、は1971年(昭和46年)のはなしです。カップヌードルをめぐるエピソードとして有名なものに、例の浅間山荘事件で機動隊の食事として警視庁が購入し、機動隊員に配給した(警視庁のお金で買ったので長野県警の機動隊員にはあげなかったという)というものがありますが、自衛隊にもこんなエピソードがあるんですね。 

典拠 日清公式サイト http://www.nissinfoods.co.jp/knowledge/ madeby/cupnoodle/world.html 

そんな自衛隊に感謝したのかどうかはわかりませんが、日清はその後、新たなカップヌードルを開発しました。それが「自衛隊向け専用商品」と日清が公言する「SDFヌードル」というもの。これは自衛隊駐屯地、基地内の売店(PX)で販売されているほか、日清公式サイト「日清e-めんshop」でも通販購入が可能。気になる味ですが、カップヌードルより若干濃い目に仕上げられています。また、内容量はエビなど全体的に少ないようです。しかし、何より市販品と違う部分は「バーコードがついていない」ということでしょう。なお、似たようなコンセプトのカップめんに、エースコック製の「自衛隊オリジナルラーメン・標的」という商品もあります。 

参考 日清公式サイト「日清e-めんshop」 
http://shop.nissinfoods.co.jp/product/search/ search.html?kw=SDF&x=0&y=0 

こんなものがかつて存在した!?

元自衛官の大宮ひろ志氏(そこが変だよ!自衛隊の著者)によれば、かつて昭和の終わりから平成のはじめにかけて、コンバットレーションなるものが自衛隊の一部に存在したそうです。内容物は魚肉ソーセージ、パックタイプのりんごジュース、ういろう、みそパンの四種類。それらが透明のビニール袋に詰まっており、袋の表には「コンバットレーション」とカタカナで明記されていたそうです。 

参考書籍 
別冊ベストカー 陸自マニア! 三推社/講談社 2007年刊 
そこが変だよ!自衛隊 大宮ひろ志



スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system