スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊 戦闘車両各種




自衛隊 戦闘車両各種

名称概要

74式戦車

退役が進む第3世代戦車ながら配備数では現在でも90式戦車と同様に陸自の主力戦車だ。

90式戦車(陸上自衛隊)

陸自において国産三代目となる主力戦車。戦車の砲塔内部に主砲と平行に取り付けられた機関銃は固定されているので砲塔や車体を動かして狙いをつける。

87式偵察警戒車

コマツが開発・製造し陸上自衛隊が装備している装輪式車両。調達価格は一両約2億5,000万円とされており、現在までに95両以上が調達されている。

61式戦車


陸上自衛隊が運用していた戦後初の国産主力戦車。2000年(平成12年)、全車が退役している。

73式装甲車


73式装甲車は60式装甲車の後継として1973年に制式化された装甲車。

87式自走高射機関砲

陸自が装備する自走式対空砲で1987年に制式化。搭載する機関砲は、地上目標に対する水平射撃も可能・74式戦車の車体を流用しているが一両あたり16億円でありやはり高価である。かつて陸自ではL-90という35mm2連装高射機関砲を配備していた。
89式戦闘装甲車

兵戦闘車(IFV)である。防衛省は略称を89FV(FightingVehicle)、広報向け愛称をライトタイガーとしているが、部隊内ではFVとも呼ばれる。主武装 90口径35mm機関砲KDE 副武装 79式対舟艇対戦車誘導弾発射装置×274式車載7.62mm機関銃

82式指揮通信車

主に師団司令部や普通科連隊本部、特科連隊本部などに1983年から配備されている。

96式装輪装甲車

自衛隊の装甲兵員輸送車としては初の装輪車両。車体カラーは他の陸自車両と同様の迷彩。写真は車体側面に滝川駐屯地のシンボルマークがつけられた96式。滝川駐屯地の部隊マークは石狩川にひそむ龍をモチーフにしている。自衛隊イラク派遣の際には、重機関銃装備の「B型」がサマワへ持ち込まれた。本来2色の塗料による迷彩塗装はオリーブドラブ一色に改められた。さらに、運転手用のワイヤーカッターや、キューポラの左右に上半身を保護する装甲板を追加する等の改修が行われたという。車体は圧延鋼板による溶接構造で、装甲防御力について防衛省は公開していないが、小銃弾や砲弾破片程度は十分に防御できると推測されている。







スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system