スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の狙撃手とは




日本の自衛隊におけるスナイパー(狙撃手)の歴史

映画の題材にもなることが多い「スナイパー」ですが、陸上自衛隊に高性能対人狙撃銃「レミントンM24」が配備され、狙撃手(スナイパー)の教育が本格的に始まったのは平成14年からです。現状では陸上自衛隊普通科、特殊作戦群などのほか、海上自衛隊特別警備隊にもスナイパーが配置されています。現在、陸自のスナイパーはM24SWS狙撃銃を用いて「指揮官を守るための狙撃」に専従していますが、陸上自衛隊においては過去、対人狙撃銃M24の導入まで、普通科小隊から選ばれた狙撃班員がスコープおよび、ストックにチークパッドを追加で装着した集弾性極めて良好な64式小銃で狙撃を担当していました。現在、陸自では64式小銃は主力から退いて後方職種への配備となり、戦闘職種では89式小銃に更新されていますが、空自と海自では現在も主力の個人火器で、海上保安庁警視庁特殊部隊でも採用されています。なお、日本の都道府県警察における狙撃銃は豊和工業のゴールデンベアが広く配備されています。また、ゴールデンベアの後継モデルM1500(害獣駆除仕様)が、SATや銃器対策部隊、福井県警察の原子力関連施設警戒隊などに配備されています。 。海自の狙撃銃についてはモデルを公開していません。

狙撃の科学 標的を正確に撃ち抜く技術に迫る (サイエンス・アイ新書)

狙撃の科学 標的を正確に撃ち抜く技術に迫る (サイエンス・アイ新書)
4797369639 | かの よしのり | ソフトバンククリエイティブ | ¥ 1,028 | 2013-02-19


陸上自衛隊独自の運用構想

元自衛官で自衛隊の実情に詳しい軍事ライター、神博行氏のレポートによれば、陸自のスナイパーは自衛隊独自の戦術で運用されており、諸外国の狙撃手とは運用思想が異なるそうです。陸自では指揮官を守るためのスナイパーを配置しており、映画のように積極的に敵地へ潜入して任務を行うなどの作戦構想はないとのことです。陸自では通常、狙撃手1人には観測員が1人つきます。この観測員は狙撃手のすぐ横におり、周囲の警戒はせず、あくまで目標の監視のみ行います。過去にはミリタリー専門誌「SATマガジン」にて、自衛隊スナイパー特集が組まれたことがあり、自衛隊の取材協力のもと、銃、装備、運用について詳しくレポートされています。 

典拠 東長崎機関「自衛隊独特の狙撃戦術」 
http://www.higashi-nagasaki.com/c2007/C2007_33.html

参考 陸上自衛隊11旅団 第18普通科連隊本部管理中隊狙撃班のワッペン 
http://usy.sakura.ne.jp/m/page018.html

自衛隊の対人狙撃銃M24

Strike And Tactical (ストライク・アンド・タクティカルマガジン) 2010年 09月号 [雑誌]

Strike And Tactical (ストライク・アンド・タクティカルマガジン) 2010年 09月号 [雑誌]
B003UVHS5Q | カマド | ¥ 1,625 | 2010-07-27

陸上自衛隊では、狙撃用の新装備として平成14年から対人狙撃銃という名称で、レミントン社製のM24 SWSを配備しています。このM24はアメリカ製の「レミントンM700」を米軍のミリタリーオペレーション用に改造した狙撃銃で、派生型が各種あります。アメリカ軍では過去、ウインチェスターM70やレミントンM40、そしてM14からフルオート機構を外してスコープを搭載したM21などを狙撃銃として使用してきました。現在は、前述のM24やイギリス軍や日本警察も採用するアキュラシー・インターナショナルのL96を使用しています。アキュラシー・インターナショナルといえば、日本の銃器代理店である日本特装株式会社さんが自社のカタログの中で『日本警察へ「アキュラシーインターナショナル」の対物ライフルを納入したった!』とバラしましたが、警察は未だ公開訓練で一般公開していません。M24はボルトアクションという単発式の発射方式をとっており、引き金を引くたびに連続で撃つことはできませんが、シンプルな機構のために精度が抜群です。











自衛隊が採用しているモデルは、SWSというスコープやバイポッド(二脚)がセットになっている基本形のタイプで、最高級スコープ製造メーカー「レオポルド」製の「Mark4 M3スコープ」が標準搭載されます。本来、ストックの色はブラックで納入され、そのまま運用されますが、一部ではストックにスプレーで迷彩塗装を施しています。ストック後部は伸縮でき、射手の体格にあわせることが可能です。数年前に放送されていたテレビドラマ版の「戦国自衛隊」でも早々に、M24狙撃銃(のモデルガン)が劇中に登場していましたが、普通の主婦にすら「何で立って狙撃するんだ馬鹿」とツッコミがされていました。沖縄の新聞、琉球新報様によれば「(アメリカ)陸軍で最も普及している対人狙撃銃M24の有効射程は約1100メートル、最大射程は3700メートル」とのことです。 

典拠 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-5559-storytopic-3.html

Strike And Tactical (ストライク・アンド・タクティカルマガジン) 2010年 09月号 [雑誌]

Strike And Tactical (ストライク・アンド・タクティカルマガジン) 2010年 09月号 [雑誌]
B003UVHS5Q | カマド | ¥ 1,580 | 2010-07-27

狙撃手の着用するギリースーツとは?


ギリースーツを着用し潜む狙撃手
軍事行動での狙撃任務には、高度なカモフラージュの技術が求められます。通常、狙撃手は任務中、迷彩服の上から自分の体を森林に溶け込ませるように、ギリースーツを着用します。ギリースーツは植物を模した化学繊維素材でできており、これを被ることで、周りの植生にあわせた擬装を行います。また、人間の体のラインが目立ちにくくなることで、さらに発見が困難になります。自衛隊でも配備されており「隠密行動用戦闘装着セット」と呼ばれています。日本の自衛隊が誇る世界最強レベルのギリースーツです。春・夏用 秋・冬用があり、これはM24対人狙撃銃とほぼ同時期に配備された新装備です。あくまで日本の植生に合わせたカモフラなので、世界最強は大げさかもしれません。写真のように、偽装を施しますが、銃が無ければ一見、どこに潜んでいるかわかりませんね。なお、射手だけではなく、銃にも偽装効果のあるテープを巻いたり、迷彩模様を描いたりすることでさらに偽装効果が高まります。 
最新スナイパーテクニック

最新スナイパーテクニック
4890632891 | ブランドン ウェッブ | 並木書房 | ¥ 1,944 | 2012-05-21

アメリカ軍のスナイパーとフィクショナル作品

山猫は眠らない [DVD]
さて、スナイパーを主題にした作品は過去何本も公開されています。ハリウッド映画では「山猫は眠らない」シリーズ。ベテランでストイックな米国海兵隊の狙撃手・ベケットを演じるトム・ベレンジャーとオリンピックのメダリストで警察SWAT隊員の生意気な若造・ミラーを演じるビリー・ゼインのデコボココンビ(死語)が、お互いにぶつかり合いながら困難な任務にチャレンジするというバディ物(王道)です。二人が使う銃は、ベケット曹長がM40風M700、それにサイドアームはP226。「海兵隊の音楽隊員かつ幕僚」ことミラーは一見、あのPSG-1と間違えそうになるMSG90というセミオートライフル。ベケットのサイドアームはP226。主人公ベケットが、7.62ミリ弾の弾頭をナイフで削って「精度を高める」場面など変な演出もあり、ミリタリー雑誌でイチローナガタ氏がその弾頭削りをけなしたことがありますが、世界的にミリタリーマニアには定評がある映画です。なお、このトーマス・ベケットのモデルはあの有名な実在の狙撃手、カルロス・ハンコックだそうです。ちなみに自衛隊にも通称「山猫部隊」と呼ばれる精鋭部隊がいますが、こちらは陸上自衛隊の対馬警備隊の愛称であって、スナイパー部隊ではありません。




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system