スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の富士総合火力演習




年に一回の特別な公開演習

平成24年度 富士総合火力演習 WAC-D644 [DVD]

平成24年度 富士総合火力演習 WAC-D644 [DVD]
B00A6H3VBM | ワック | ¥ 3,990 | 2012-12-21
陸自で最も人気の高い公開イベント「総合火力演習」とは


毎年8月頃になると、静岡県御殿場市の静岡県御殿場市東富士演習場(畑岡地区)で実施されている陸自主催の大規模公開演習であり陸自で最も人気の高い公開イベントがこの「総合火力演習」です。目的は隊員の能力向上と国民への広報であり、一般人を対象にした陸自の大規模な公開演習で実弾をふんだんに使う訓練展示でもあります。砲撃、狙撃銃による狙撃展示、戦車やヘリコプター、様々な火砲などによる実弾射撃を間近に見る事ができます。戦闘機の爆弾投下もありますが、すぐ近くに観客がいるので爆弾は模擬です。なお、天候が悪いと航空自衛隊が参加しないことがあります。

観覧するには?


この総合火力演習、観覧するには入場券が必要で、希望者は防衛省へ応募がのうえ、厳格な抽選で選ばれています。憧れの10式戦車やアパッチ攻撃ヘリコプターによる実弾射撃、狙撃手によるM24を使用した狙撃も目の前で行われるので自衛隊マニアにとってはこの総合火力演習、一度は見学してみたいイベントではあるそうですが、はがきかインターネットによる応募で厳格な抽選が行われ、その倍率は年度によっては28倍とも言われているそうです。決して、自衛官が親しい人や美人女性に入場券を配り歩いてるわけではありません。そういうわけで、ちょっとやそっとじゃ参加できないのがこの総火演です。




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system