スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

陸上自衛隊水陸機動団





ストライクアンドタクティカルマガジン 2015年 05 月号 [雑誌]

ストライクアンドタクティカルマガジン 2015年 05 月号 [雑誌]
B00STR3G0M | SATマガジン出版 | ¥ 1,728 | 2015-03-27

自衛隊に新規編成される実質的な海兵隊です。


現在、陸上自衛隊において編成が準備されている新鋭部隊です。外国軍による日本の諸島侵攻に対処するため、その名の示す通り機動展開による水陸両用戦闘と諸島の奪還が最終目標であり、陸上自衛隊の歴史の中では初となる水陸両用戦闘車「AAV7」を運用します。部隊を構成する主力には西部方面普通科連隊員を充てるとみられており、改編が進められる予定です。将来的には陸上自衛隊で編成予定の「陸上総隊(現在の中央即応集団)」直轄部隊になる予定です。実質的には諸外国軍の海兵隊的役割を期待された部隊です。

AAV7について



Assault Amphibian Vehicles: The Aavs (War Machines)
AAV7は無限軌道と小型の砲塔を装備した水陸両用の戦闘装甲車両です。車体の後部にはスクリューが設けられており、浮航能力を利用して水中を移動することができます。アメリカ海兵隊において今から約半世紀前に採用配備され、今なお水陸機動戦術の主力として運用が続けられているほか、アメリカの友好国の数か国が配備しています。このうち韓国軍は160両余りを配備しており、アメリカに次いで多く配備しています。陸上自衛隊では2014年、4両を性能試験のため、試験的にアメリカから輸入し各種運用試験が行われています。




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system