スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の射撃訓練




たまに撃つ弾がなんちゃらかんちゃら
基本的に自衛隊の施設内や郊外の演習場、訓練場、基本射撃場で行います。

陸自には、「体力検定」、「格闘検定」、そして『射撃検定』という各人それぞれのスキルを格付けする三つの検定があります。射撃検定では、各隊員にそれぞれの射撃技術に応じてランクが付与されます。基本射撃における実弾訓練では、基本射場などで200mから300m先の紙的、金属や木製の的をを自動小銃で狙います。的の下には"カンテキ"と呼ばれる地下があり、そこに弾痕確認の隊員が隠れています。まれに、射撃訓練時に確かに撃った弾丸が四次元空間に消えうせたのか、標的に命中せず弾痕が的に見当たらないことがあります。これを"弾痕不明"と言います。心霊現象?いえ、射手が的を外しただけです。射撃場のうち、屋内射撃場は東京都内の駐屯地などの一部に設置されている屋内型の拳銃・小銃射撃場で、近隣に配慮して全く発射音が外に漏れない施設です。余談ですが、警視庁の特殊部隊SATは、自衛隊の演習場で小銃の射撃訓練を行うこともあるそうです。厚生労働省の麻薬取締官は警察や自衛隊とはまったく別に専用の屋内射撃場を持っており、そこで射撃訓練をすると、テレビの報道番組で紹介されていました。お金持ちですね。ところで、自衛隊では小銃の側面にバケット状の袋を取り付けて薬きょうを回収しています。なんでって?それは・・・・。 昨今では、弾丸の命中位置をセンサーで即座に判定する小火器射撃評価システムという装備が陸自に導入されています。射手の手元に画面を備えた映像装置があり、そこに射撃の結果が映し出され、射手が射撃のみに集中できる利点があります。陸自が配備しているM24SWSという高性能狙撃銃は、有効射程が1000メートルありますから、それに見合った距離での射撃訓練が行われます。陸上自衛隊特殊部隊では的の間に隊員を立たせ、移動しながら的を撃ち抜くという大変危険な訓練を行っています。立たされた隊員が防弾チョッキを着ているかは定かではありません。ところで、海上自衛隊の艦艇乗員はやはり長い航海の間は船上での射撃訓練も行っており、空に揚げた風船を小銃や散弾銃(Benelli M3T)で撃つという訓練を行っています。

小銃分解結合

もちろん、射撃訓練の前には小銃を取り扱うための基本教育が前期教育課程の中で行われます。銃の通常の分解整備を普通分解と呼びますが、小銃分解の手順を覚え、部品名称も頭と体で暗記する座学で、何回も小銃をバラして早く正確に組み立てていきます。いきなり教官から質問が飛ぶ場合もあります。 「この部品の名称は?」 「え、えーと・・・RAS?」 「ククク・・・違うよね。腕立て10回な」 このように間違うと体力錬成があるので気を抜けません。

いろいろな射撃姿勢

陸上自衛隊普通科隊員 立ち射撃ポーズ 1/35スケール レジンキャスト製 未塗装 未組立フィギュア
当然、いろいろな射撃姿勢があります。伏射と膝射は自衛隊での小銃射撃における基本的な射撃姿勢で、もっとも射撃姿勢が安定し、命中しやすい撃ち方です。腹ばいになって両足を広げて体を安定させ両肘を地面に立てて狙いを定めて撃つ伏射はプローンとも言います。一方、『膝射』は立てた片足の膝こぞうに、左肘を立てて小銃を構えて撃つ姿勢です。これは寝撃ちに比べるとあまり安定感が良くありません。ローレディーは銃を斜め下に構えていつでも撃てる状態にスタンバっておくこと。自衛隊だけでなく各国の軍隊で使用されています。ガンハンドリングは一言で言うと「ガンさばき」です。拳銃の射撃姿勢については自衛隊では片手撃ちが基本です。なぜ片手なのかは不明ですが、一般論で言えば教範に書いてあることならば、正しく実践しなければなりません。書いてあればの話ですが、書いてあるかはわかりません。

自衛隊員の射撃技術は低いの?高いの?


「国際射撃大会でブービー賞だった自衛隊精鋭部隊」という記事が2012年の週刊文春に掲載されましたが、これは武器の選択を誤ったのが原因とされています。本来、平成14年に採用されたM24SWS対人狙撃銃で臨むべき長射程の種目をダットサイトつきの89式で挑んだそうです。今回自衛隊が持っていった銃は拳銃と89式小銃と機関銃だけ。なぜM24を持っていかなかったのかは定かではありませんが、せめてスコープつきの64式でもあれば少しは結果が違ったかもしれませんね。なお、これは2012年の結果ですが、2013年度の結果はなんと陸自が世界の軍隊と競合の中、9位になりました。




スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは



パイロットの年収


































スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system