スポンサード リンク

スポンサード リンク
 

自衛隊の体験入隊について




 

自衛隊では防衛意識の高揚及び募集、広報を目的に学生や社会人を対象とした「体験入隊」という制度を設けています。近年では企業や官庁などが新規採用者の規律意識を高めるために自衛隊へ体験入隊させるのが全国で流行しています。基本的に団体申し込みですが、北海道の北部方面隊の行う「隊内生活体験」だけは一人での申し込み、参加も可能という特色があるとのことで先日、北海道内のローカルニュースで紹介されていました。北部方面隊の体験入隊では北海道のみならず本州から参加する人もいます。職業もフリーターから会社員、公務員、大学生と様々です。参加の理由は昨今ではやはり「震災で(自衛隊の)大きな存在感を感じたから」など東日本大震災での自衛隊の活動を挙げる人が多いようです。北部方面総監部が毎年7月から8月に実施している「青年サマーセッション」では20歳〜35歳くらいまでの男女を対象に実施しています。また部隊によっては期間を限定して体験入隊を実施し、個人の申し込みを受けられる場合もあるとのことです。但し、上記のような企画以外で申し込まれる場合は、ある程度、人員のまとまったグループ、団体及び企業等の申し込みが原則となっており、個人の場合は申し込みができません。 自衛隊と企業側の双方の利益が一致している 10年前はたった数社だった自衛隊体験入隊が、2013年度は数百社にまで増加しています。企業側は新入社員に規律や礼儀と社会の歯車化を求めており、高度な集団行動能力を安価な研修で身につけさせたい考えがあります。一方、自衛隊側は「自衛隊への理解を深めるきっかけになれば」と門戸を開いています。このように双方の利益が一致した結果、自衛隊への社員研修としての体験入隊を行う企業が増えているようです。体験入隊では指導教官に声が小さいと怒鳴られ、時間を守らなければ厳しく指導されます。日産自動車など大手のメーカーのほか一般の官庁でも体験入隊を行っています。また新日鉄住金グループの日鉄エレックス北九州本社は30年以上にもわたって自衛隊への体験入隊によって新人の研修を行っています。さらには、このような企業、官庁だけでなく、兵庫県宝塚市にある私立の宝塚音楽学校の生徒、いわゆる"ヅカガール"たちも1989年から毎年、全生徒が陸上自衛隊伊丹駐屯地で基本教練の研修を受けています。彼女たちの威勢のいい大声や大胆な行動力は自衛隊で受けた研修の賜物かも知れません。 

参考URL(2013年4月13日20時09分 読売新聞) 
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130411-OYT1T00055.htm 

体験入隊では各種の費用が掛かります。 自衛隊で俗に体験入隊と呼ばれる研修制度では各種種類がありますが、基本的にどれも、食事の費用と暖房光熱費、迷彩服のクリーニング代が徴収されます。二泊の体験入隊の場合ですと、平均で1800円くらいだそうですが数万円かかる場合もあります。下記に各種の体験入隊制度を概略で説明いたします。 3自衛隊の様々な体験入隊制度 「青年サマーセッション」 陸自で青少年を対象に行っている体験入隊です。参加費は3000円です。 (食事4食分、貸与した迷彩服等のクリーニング代、光熱費等)当日、徴収です。 「青少年広報」 海上自衛隊には、夏休み期間の中学・高校生を対象とした「青少年広報」があります。こちらでは艦艇による体験航海が行われます。 大学生等サマーツアー このツアーでは陸上自衛隊のみならず航空自衛隊基地でも研修が行われます。戦闘機をすぐ側で見学したりパイロットに質問をしたりなどなど魅力的な研修メニューがいっぱいです。こちらは参加費用がお高く、平成24年度9月に行われた大学生ツアーでは食事代及び諸雑費として実費が25,000円かかりました。なお交通費は自腹でした。このように「結構お高いです」と言わざるを得ませんがお金を払ってでも自衛隊で研修したい、戦闘服を着たい、武器を見たい、ヘリ乗りたいC-1ジェット輸送機乗りたいという人たちがいる限り自衛隊も少々高めの価格設定(!?)で臨んでいるのではないでしょうか。 女性専用自衛隊見学および体験ツアー 現在、自衛隊では女性向け体験入隊として20代女性を対象として自衛官と同じ迷彩服を着用し生活と訓練を一泊二日で体験する「パセリちゃんツアー」や、20歳以上の女性を対象として基地内の施設や装備品などを見学する「女性のための一日自衛隊見学」が行われています。これらはどちらも公募による抽選です。パセリちゃんツアー(体験入隊)では自衛隊の敬礼など基本教練を受け自衛隊の作法を学んでもらうほか自衛隊の食事を喫食したりピストルやアサルトライフルなど装備品の見学のほか音楽隊による音楽演奏、CH-47大型ヘリによる遊覧飛行・・もとい、「体験搭乗」など楽しいメニューがいっぱいです。これら女性向けの体験入隊イベントも毎回応募が非常に多く、大盛況だそうです。平成24年3月には伊丹駐屯地で「女性のための一日自衛隊見学」が行われました。その名のとおり女性限定(20歳以上)です。内容は訓練体験、防衛問題の概要説明、隊員との懇談、体験喫食などです。こちらは実費が3000円かかりました 

参考 重さ3・5キロの東京マルイ製エアガンを手に訓練に励む体験入隊した民間人女性 
http://www.asahi.com/sports/gallery_e/view_ photo.html?sports-pg/0125/TKY201301250400.jpg

体験入隊時に体験できるイベントの一例

体験入隊時に体験できるイベントの一例をご紹介いたします。ただし、必ずしも下記のものが体験できるとは限りませんのでご注意ください。内容については各方面隊、駐屯地、さらには担当の隊員で千差万別かもしれません。 ・敬礼など自衛官の基本的作法の実習 ・レンジャー訓練におけるロープ渡りの体験 ・自衛官による防衛問題などの講話 ・天幕(テント)設営、野営実習 ・ヘリコプター、戦車など車両の体験搭乗 ・磁気コンパスを使ってコンパス行進 ・非常呼集されて災害派遣出動準備の体験 

参考 防衛省公式サイト 自衛隊生活体験の一例 
http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/top/taiken/taiken.htm 

ほかにも・・・ ・食事の持ち込みが可能 ・体験期間は日帰りから2泊三日まで可能 ・訓練内容は要望に応じて組まれる 

中京テレビ公式「企業も注目!自衛隊1日体験入隊」 
http://www.ctv.co.jp/realtime/life/2007/09/0928/index4.html 

最後に書くのも恐縮ですが、これらの体験入隊ではいずれも日本国籍を有することが条件となっていますのでご注意ください。申し込みについては各地方の自衛隊地方協力本部や師団の公式ホームページにて案内されていますので、そちらをご覧になられて下さい。


いざ志願!おひとりさま自衛隊 (文春文庫)
いざ志願!おひとりさま自衛隊
4163729208 | 岡田 真理 | 文藝春秋 | ¥ 1,050 | 2010-08


自衛隊見学へ行こう! (生活シリーズ)

自衛隊見学へ行こう! (生活シリーズ)
439163757X | 主婦と生活社 | ¥ 972 | 2015-04-27


スポンサード リンク








トップへ戻る













政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system