スポンサード リンク

スポンサード リンク
 


ヘッケラー&コッホ USP




陸自特殊作戦群で2004年度から配備

陸上自衛隊習志野駐屯地に来賓として招かれた民間人が、自らのブログで写真を公表したこともあって一気に世間に周知されてしまったのが、ドイツH&K社製プロダクツで「Universal Self-loading Pistol(ユニバーサル・セルフ・ローディング・ピストル)」の略であるUSPです。ほかにも「コンパクト」という小型化されたバリエーションモデルや、競技用モデルなど各種ラインナップされています。そのまま直訳すれば、"一般的な自動拳銃"という控えめなネーミングですが、本場、ドイツ国防軍ではサービスピストル「P1(ルパン三世の持ってるアレ)」に代わって「P8」として90年代から配備されています。口径バリエーションには9mm(9×19mmパラベラム弾)、40S&W弾、45ACP弾の3種。スライドが金属でフレームとマガジンはポリマーです。なお、陸上自衛隊特殊部隊で配備されているUSPはサイレンサーが装着できるようにバレルにネジが切られ改良された、タクティカルモデルになっています。なお、USPコンパクトはあのジャック・バウアーご愛用。2014年3月に発行された『イラストでまなぶ! 世界の特殊部隊 ロシア・ヨーロッパ・アジア編 』という書籍によると「国会議員のブログ」で特殊作戦群のUSPの写真が公開された・・・という記述がありましたが、国会議員って誰?水戸泉サンは国会議員じゃないし・・・。USPは警視庁特殊部隊SATでも配備しており、さらにはUSPを発展改良したP2000をSP用の拳銃として採用しています。

参考サイト 「水戸泉メモリー」 2004年12月16日の記事 

http://blog.livedoor.jp/nishikido/archives/10861092.html


スポンサード リンク








トップへ戻る
wwww












政府専用機とは


パイロットの年収


























スポンサード リンク
 
inserted by FC2 system